2016年07月08日

梅雨の晴れ間、新しいお皿

毎日蒸し暑い日が続きます。

DSCF2215



















釈迦ガ岳もすっかり夏の顔になりました。

DSCF2214



















梅雨の晴れ間、日差しがきついです。
滝をみると涼しい気分になります。
ヒユッテの横を流れる川にはこのような滝が2つあります。
とんな暑い夏でも夕方になると川からの涼風が吹いて
快適にすごすことができます。

こんな日は枕干しに最適です。

DSCF2212




















大きな石の上に干すと、石からの熱もあってカラカラに乾きます。


新しいお皿をたくさんいただきました。

DSCF2216
















重宝させていただきます。
ありがとうございました。



asakehyutte at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2016年05月30日

学校林間キャンプ、エゴの花

学校の林間キャンプがはじまりました。
幸いお天気も奇跡的に持ち直し、キャンプファイヤ-、ますの掴みどり、
川遊び、など無事にできました。

DSCF2208















ヒユッテの玄関前のエゴの木の花が満開です。

DSCF2210




















10月頃には実が落ちて、ヤマガラが沢山くるのが楽しみです。


DSCF2207


















asakehyutte at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2016年05月18日

毛布の洗濯、クラヴィノ-バ来る、山菜その2

まだまだ毛布の洗濯がおわりません。

DSCF2195




















あともう少し、マラソンだと35キロ地点といったところです。

ヤマハのクラビノ-バがやってきました。
鈴鹿の朝日楽器の優しそうなお兄さんがはるばる運んでくれました。
ありがとうございました。

DSCF2193




















DSCF2194










ハ-プシコ-ドの音にするとバッハの曲にぴったりです。

DSCF2196
















洗濯の合間に練習しています。

今年の夏にみえるアマチュア楽団の方々にも使っていただきたいです。

 ワラビが沢山とれました。

DSCF2199
















油アゲと煮ましたが、写真が消えており、もうお腹の中に。
美味しくいただきました。



















asakehyutte at 16:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと 

2016年05月10日

5月の詩

この季節にぴったりな詩をみつけました。

DSCF2189




















五月には

世界のすべてが美しくなる

なにもかもが生きたがる。

緑の草は目を奪い

金色の太陽は私たちに呼びかける

森で心を温めなさいと


ブロニスワブァ・ブァイス


DSCF2191




















この季節は あかるすぎて

文字が読めないから

水の底の小石の数を 数えよう

えのころ草の穂をしらべよう

岸田衿子


DSCF2190













技巧みにつくられ、メッキを施された言葉もある。
しかし、草が芽生え、花が咲くように生まれ、消える言葉がある。



asakehyutte at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)できごと